ファンデーション 使用期限はあるの?

ファンデーション 使用期限

化粧品の使用期限は未開封で3年と決まっています。これは薬事法という法律によるもの。化粧品は使用期限が書かれていないものがほとんどなので、ファンデーションを含めた化粧品全般的に、あまり使用期限を気にされた事がないかもしれませんが、日本の化粧品は大前提として、この薬事法で定められた使用期限があるためです。


ですが、薬事法で定められているのは「未開封」という条件が入っているので開封済みの化粧品に関しては、少し違ってくるととらえていた方が安心です。ファンデーションの場合、毎日使うものなので何年も放置される事は殆どないかと思いますが、例えば季節によってファンデーションを使い分けているような場合
去年のファンデーション今年も使えるかな?なんて気になる方も多いかと思います。


特に開封後の使用期限で決められた期限はないので、凄く神経質になる必要はありませんが
開封後時間のたったファンデーションは、品質の劣化が感じられれば使用を控えるようにして下さい。特にリキッドファンデーションやクリームファンデーションは原材料に油分が入っていることが多いため、長期間そのまま放置しておくと、油分と他の成分が分離してドロドロになってしまうことがあります。当然ですがこのような場合は使わない方が安心ですね。

ファンデーションは日中長い時間直接肌に塗るものですから、リキッド・パウダー関係なく、一度開封した物は出来るだけ早く使い切ることがポイントになります。使用期限は決まってはいませんが、1度開封したものを何年も放置しておきますと、品質の劣化はあります。


何年も放置していたり・・などの状態ではなく、通常通りに使用している分には、使用期限を気にすることはありません。どちらかというと、リキッドタイプのファンデーションの方が、固形タイプのものよりも油分が分離しやすいことがありますので、早めに使い切ることをおすすめします。
保管には、直射日光や高温の場所を避け、日の当らない涼しい所に保管するのが安心です。