リキッドファンデーションをきれいに仕上げる塗り方は?

リキッドファンデーション 塗り方


リキッドファンデーションを綺麗に仕上げるためには、リキッド用のスポンジやファンデーションブラシを使うことがポイントです。直接手でファンデーションを塗る方法もありますが、手でリキッドファンデーションを伸ばしてしまうとムラができやすくなるため、せっかくのカバー力を弱めてしまう事も。


スポンジやブラシを使って塗ったほうが、肌の毛穴の凸凹部分まできれいに塗ることができるため、時間が経っても、毛穴やしわが目立ちにくく、毛穴レスメイクが作りやすくなります。


◆リキッドファンデーション 塗り方(手順)◆

リキッドファンデーション 塗る時には、まず手の甲にリキッドファンデーションを取り出し、少し人肌で温めるとファンデーションの馴染みが更によくなります。手の甲から、スポンジやファンデーションブラシでファンデーションを適量取ってください。

ファンデーション 塗る順番は、まずは頬の一番高い部分に塗りそこから放射状に頬全体にファンデーションを広げていきます。

頬が終われば、額、眉間から鼻筋、小鼻周り、あご、鼻の下、口周りの順番にファンデーションを塗っていきます。基本的には、どの部分に塗る時もファンデーションは内側から外側に向けて塗っていくのが基本です。

毛穴やキメが目立つ場合には、いろいろな方向からファンデーションを
塗るように意識すると、毛穴カバー力が高くなり、キメも整って見えるので、ファンデーションで陶器肌に近付ける事が出来ます。

ファンデーションブラシを使う場合には、普段よりもやや多めに手の甲にだし、ブラシの両面にたっぷりと含ませたら、片面で左頬、もう片面で右頬といったように塗ることで、左右にムラのない仕上がりに
することができます。

そのあとは、顔の広い面積から塗っていくことになります。外側に向かってブラシを広げて塗っていきます。

◆ファンデーションブラシの使い方◆

ファンデーションブラシ 塗り方は、丁寧に広げる事。ファンデーションの塗りムラが出来ないように、少しづつブラシをずらして丁寧に塗ってください。額は、中央に薄く広げながら塗っていきます。リキッドファンデーションは、カバー力が高いファンデーションですが、それでも目の下のクマなどカバーしたい部分いには、ファンデーションを重ね塗りします。

色むらが気になる場合には、指でぽんぽんと叩き込むようにしたりします。ファンデーションの重ね付けでカバーできない場合には、コンシーラーでカバーするのもおすすめです。

カバー力があって伸びも良いので、ササっと適当に済ませてしまいがちなリキッドファンデーションですが、手順を踏んで塗る事で顔全体に自然な凹凸ができナチュラルで綺麗に仕上げる事ができますよ。