リキッドファンデーション 40代 綺麗に仕上げる使い方のコツ

リキッドファンデ 使い方

リキッドファンデーションは塗り方一つで厚塗りの老け顔メイクになったり、薄付きの若見えメイクにもする事が出来ます。

また、リキッドファンデを上手に塗ると大幅に化粧崩れを防ぐこともできます。せっかくのメイクの効果を最大限に発揮させて若見えするツヤ肌メイクをマスターして下さいね。

◆リキッドファンデーション 綺麗に塗るコツ◆

リキッドファンデーションは伸びが良いので使いやすいのですが、塗り方を間違ってしまうと厚塗りになってしまったり、ムラができてしまう恐れがありますので、
適当塗りではなく、丁寧に塗るのがリキッドファンデをきれいに塗る最初のポイントになります。

メイクの前には必ず化粧水、乳液、でしっかりと保湿をして出来れば化粧下地を塗って肌を整えてください。

化粧下地は使っていないという方もいらっしゃるかも知れませんが化粧下地には、肌色をコントロールする効果や、しみ、くすみ、しわ、毛穴カバー力を高める効果、更に化粧崩れを防ぐ効果もあるので、綺麗なベースメイクを完成させるにはとても大切なアイテムです。


◆リキッドファンデーション 使い方のコツ◆

下地で肌を整えたら、リキッドファンデーションを取り出します。リキッドファンデーション 塗り方はスポンジを使うのが基本ですが、いきなりスポンジに直接ファンデーションを出すのはおすすめ出来ません。

リキッドファンデーション 使い方は、まずはキッドファンデーションを手の甲に乗せて、人肌で温めるのがおすすめです。そうする事で、ファンデの伸びがさらに良くなり、肌に馴染みやすくなります。
メイクしたばかりだとファンデが浮くと言う方は是非この方法を試してみてくださいね。



◆ リキッドファンデーション 塗る順番(手順)◆

ファンデーションを塗る順番は、頬⇒額⇒あご⇒鼻の順に塗っていきます。

各パーツにファンデーションを適量乗せて塗っていきます。手の甲からスポンジやファンデーションブラシにファンデーションを取ってから肌に塗ります。

リキッドファンデーションの塗り方のポイントは

・広い部分から塗る
・顔の中心から外側へ向かって伸ばす
・細かい部分はスポンジに残ったファンデーションを使う

この3つを意識して下さい。

頬に塗る際、最初にファンデーションを置く場所は頬の一番高い部分。そこからフェイスラインに向かって放射状にファンデーションを広げ、フェイスラインの少し内側からフェイスラインに向かってファンデーションをぼかしていきます。

額も初めに中心部分にファンデーションを置いたら、そこから髪の生え際に向かってファンデーションを伸ばしながらぼかし、顎も同様に塗っていきます。

ファンデーションが崩れたり、ヨレたりしやすい鼻や目の周りは、スポンジに新たにファンデーションを足しません。スポンジに残ったファンデーションを薄く塗る程度が化粧崩れを防ぐコツです。

◆リキッドファンデーションでしみ 毛穴を綺麗にカバーする方法◆

しみや毛穴など隠したい部分にはもうひと手間加えていきます。隠したいシミには、ファンデーションを指先に少量取り、シミの上からポンポンと重ね塗りします。重ねた部分と重ねていない部部の境目を指先で丁寧にぼかしながらシミをカバーします。

毛穴カバーの方法は、スポンジを使い、ファンデーションを下から上に向かってたたき込むように塗り込みます。この時使うのはスポンジに残った少量のファンデーションでOK。新たにファンデーションを塗り足すと、厚塗りと化粧崩れの原因になるので、少量のファンデで毛穴カバーしていきます。


◆リキッドファンデーション 仕上げ方◆

顔全体に塗り終わったら、スポンジで軽く押さえて、余分なファンデーションを拭き取ります。そうする事でより自然な仕上がりにすることができます。最後にフェイスパウダーを使って、肌に艶感を出せば完成です。

フェイスパウダーは、パウダーの粒子が光を拡散させてくれるので、カバー力を高め透明感をアップさせる効果や、皮脂吸着の効果もあるので、化粧崩れを防ぐ効果も高まります。




塗り方をマスターすれば、時間が経過しても美肌のままでいられますので、ぜひチャレンジしてみてください。