40代 ファンデーションにはリキッドとパウダーどっちがおすすめ?

40代のファンデーション リキッド パウダー


40代のベースメイクにはマットな仕上がりのパウダーファンデーションよりも、ツヤのある仕上がりになるリキッドファンデーションがおすすめです。
女性も40代ともなれば、どれだけスキンケアに力を入れていても、大切な肌には次々と老化の兆しが現れ始めてしまいます。

そういったトラブルの大きな原因は、肌の水分不足だと言われていますよね。年齢を重ねるとともに肌の潤い力は失われ、肌の乾燥が様々な肌トラブルやエイジングサインのが引き金となっていることがとても多いと言われています。


40代のマットな肌に乾いた印象のパウダーファンデーションを乗せるのは、乾いた印象を更に大きくしてしまいます。そんな40代の肌には油分と水分が多いリキッドファンデーションで
艶のある仕上がりのベースメイクが若見えメイクにおすすめです。
パウダーファンデーションは、保水力のある若い肌には美しく馴染みますが、かさつきがちな40代のお肌に塗ってしまうと、どうしても粉っぽくなり、たるみやしわ、毛穴の中に落ち込んでしまうと、
肌は汚く見え、それを隠そうと厚塗りをすると、余計に老けた印象を与えてしまいます。


おすすめファンデーションは、保湿成分が配合されたリキッドかクリームタイプのファンデーションで、大人の肌に艶感を与えながら、肌トラブルを綺麗にカバーしてくれます。
また、手で塗るのではなく、ファンデーション用のブラシを使えば、肌の溝にも均一に綺麗に塗れ、化粧崩れも防いでくれます。

優しく顔の中心から外側に向けてブラシを動かして塗っていきましょう。その後には、粒子の細かいルースパウダーで仕上げれば、より透明感が現れます。