化粧下地の役割 綺麗な塗り方は?

化粧下地 塗り方
化粧下地はファンデーションを肌にフィットさせる役割があります。くすみ隠しや毛穴隠し、UVカットなど様々な効果のものがありますので、お肌の悩みや仕上がりのお好みに合ったものを選びましょう。

特に40代からのメイクでは化粧下地は重要アイテム。下地があるだけで化粧崩れを大幅に減らす事ができますし、ファンデーションの密着感を高めてくれる効果があるので、化粧乗りも良くなります。

また、コントロールカラーベースと呼ばれる肌色を補正する効果のある下地クリームは、肌のくすみや赤みなども綺麗にカバー出来るものもあります。ファンデーションを薄付きでナチュラルに仕上げるために化粧下地はとても効果的なので、今まで使っていなかった方もぜひ取り入れてみてくださいね。

◆化粧下地 塗り方◆

ベースクリームを塗る前はしっかりとスキンケアで肌を保湿して下さい。基礎化粧品の成分がしっかり肌に浸透したら、化粧下地を適量手の甲に取り、ブラシで顔に乗せて伸ばします。

ブラシで伸ばす時は、顔全体に行き渡るように丁寧に塗っていきます。次に、手の甲に残った下地をスポンジで顔になじませていきます。目の周り、鼻の周り、口の周りなどの細かい部分にも丁寧になじませていきましょう。目の周りはまばたきでよれやすいので、丁寧になじませてください。また目の下も塗り忘れが多いので、視線を上に向けて慎重に塗りましょう。小鼻も凹凸が多いのでスポンジの角などを利用して塗り残しがないようにしましょう。

スポンジに残った下地を首のあたりまで伸ばすとUVカット効果が首にも利用できておすすめです。

化粧下地はムラなく、丁寧に下地を塗ることでファンデーションも綺麗に付き、肌を美しく見せることに繋がります。是非あなたのメイクにも化粧下地を取り入れてメイクを楽しんで下さいね。